引っ越しを控えて断捨離

私は、昔奈良から、大分に引っ越す事になりました。
私は、結婚を機会に断捨離することをきめました。まず手始めにしたのは、『デジタル化』です。VHSなどのビデオの資財が数十本あるため、それらをパソコンのハードディスクに取り込むことを決めました。なかなか手付かずだったのですが、思い出の映画や個人で撮影したVHSなどを『デジタル化』することにより、処分することができました。たしか、USB端子でAV端子から動画ファイルに変換するもので、MP4形式に変換するものでした。変換には数週間掛かりましたが断捨離することができました。

 その他として、新聞の切り抜きや雑誌等がありましたが、本当に必要は情報は少なく、これらも、『デジタル化』しました。要した時間は同じく数週間要しましたが、断捨離することができました。ちなみに解像度は600DPIで取り込んだため、印刷することも可能です。

 どうしても、デジタル化しても捨てることができなかったのは、『写真アルバム』です。これらは、ファイリングして整理することにより、いくらかかさばらなくなったと思います。

 あとは、『本』です。これも必要だと考えがちですが、身についていることが多いため、

ハウツー本やマニュアル本などは、この際思い切って処分することとしました。約100冊程度古本屋に売ることで断捨離もできたし、世の中の役に立つし、お金は手元にわずかですが戻ってきて本当に良かったです。しかし、どうしても、捨てられない本も存在すると思います。それは、私の場合大抵図書館に置いてあるため、1/3程度断捨離することができました。

 その他として、着れなくなった『洋服』です。これらも十年も前の服でサイズが合わなかったり、流行に釣られて買ったものがあり、捨てるにも売るにも売れなくて、困ってしまいました。これらは、リサイクル店に引き取ってもらうことにしました。自分では価値のないと思っていたものが、ジーンズなど意外と価値があり笑顔で引き取ってもらうことができました。

 

 引っ越しする際には、どうしても必要なモノしか持って行かなくなるため、断捨離がしやすいと思います。最後にまとめとして、本当に生きるために必要なものか?吟味して買うように心掛けたいです。