【アコースティック・ロック】ダン・フォーゲルバーグ – Windows And Walls

1984年といえば世の中はMTV全盛期、派手なロックやポップスがそこらに溢れていました。

そんな時代に発表されたアメリカのシンガーソングライターであるダン・フォーゲルバーグのアルバム。

彼が56歳という若さで他界してからもう10年になりますが、その歌声がいつでもそばに居てくれることを嬉しく感じます。

アルバムに込められたメッセージ性からなのかもしれませんがどこか寂しさを感じさせる彼の個性がこのアルバムには凝縮され聴いていると心地良い切なさに包まれます。

「Sweet Magnolia」という曲には彼の優しさも感じられひょっとするとこの曲は結婚前に婚約者へ捧げた曲なのかな?と思いました。

この曲だけでもこのアルバムを購入して損はしないはずです。

ベリーベストやグレーテストヒッツのアルバムの発表されていますが、私は断然このアルバムをおすすめしたいと思います。

彼の弾くアコースティック・ギターの音には彼自身の深みが色濃く表現されその音の深みにうまく絡むストリングス・サウンドがとても聴いていて気持ちが落ち着きます。

彼の音楽に触れる第一歩として最適なアルバムです。

日々の雑音に耳が疲れてしまった時、私はいつもこのアルバムを聴いて耳に元気を取り戻します。

日本ではあまり知られていないミュージシャンではありますが、アメリカのイリノイ州では彼の誕生日を記念するほど偉大な存在なのです。

人工的に作られた音造りとは違い、いくつもの時代を越えてもスムーズに耳に優しい彼の音楽は今でも新鮮味を失うことはありません。