王様と私のCDを売ってみてはいかが

「王様と私」は舞台で有名になりましたが、

ユル・ブリンナーはこの作品になくてはならない役者です。

彼はこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞していて、

舞台でも王様役を努めているのでライフワークに

なっていたのかもしれませんが、何度見ても板についていると

思わせます。

物語はデボラ・カー演じるアンナとルイスの親子が

イギリスからタイ国にやって来る場面から始まります。

アンナはタイ国の王子や王女の家庭教師として

招かれたのですが、封建的なタイ国を皆が住みやすいように

変えようとして、王様と対立します。勉強の他に

彼女が教えたのはイギリスのマナーや本、歌など、

豊かな考えを育てる事で、沢山の王子や王女に

慕われるのに時間はかかりませんでした。

ユル・ブリンナーが演じる王様は、王妃や家来を

始めとして国民全員が自分に対してひれ伏すように

しないと気が済まない所がありましたが、王妃とは

明らかに違うアンナに魅力を感じ、彼女の影響を

受けて行動するようになりました。

デボラ・カー演じるアンナは現代的で聡明な

女性で、母性も合わせ持っています。未亡人で

一人息子を育てるために、祖国イギリスから遠く

離れたタイ国に来るのは果断だと思いますが、

それをやり遂げるだけの力も兼ね備えていないと

王国から招かれない事でしょう。

アンナの歌はどれも素晴らしく、

聞くとすぐに口ずさみたくなる曲ばかりですが、

王様を演じるユル・ブリンナーの歌が披露されるのは

この作品をおいて他はないでしょう。

彼がスキンヘッドにしているのは王様役のためでは

ありませんが、今でいうイケメンの先駆けだと言える

ルックスで、若い頃にスキンヘッドを定着させたのは

彼の力量が大きかったからです。

この作品には「ウェストサイド・ストーリー」の

アニタ役で有名なリタ・モレノがタイ王国の新しいお妃

タプティム役で歌声も披露しているので、その場面も

必見です。アカデミー衣装デザイン賞やアカデミー美術賞を

受賞しているだけあって、宮殿のインテリアや出演者の衣装も

ため息が出る美しさ。多方面で満足させて

くれるミュージカル映画です。

CDも色んなバージョンで何枚かでていますが、やはり人気があるのか、アマゾンで中古CDがよく1円で売られている中、王様と私のCDは決して安くない値段のものが多いです。

もし、王様と私系の中古品のCDをお持ちの方は、中古CDショップに持ち込めば、なかなか良い値段で買い取ってくれるかもしれませんよ。

CD買取比較 | CD売るならおすすめはこの業者