映画「シャークトパス」

サメとタコが合体した生き物が人々を襲っていくパニック映画。2010年にアメリカで公開されたテレビ映画だそうですが、登場人物が多いものの主要人物以外はシャークトパスに襲われるための要員であり、その大根役者と言ってよい演技力にはついつい笑ってしまいます。
勿論シャークトパスなる生き物が自然発生的に出現するわけがなくその背後には軍が関与しており、その資金で研究者が開発した産物でした。
それが制御できなくなって……というストーリー展開。
主人公は研究者に雇われてシャークトパスを捕縛しようとする男、ヒロインは研究者の娘となっています。
主人公とヒロインはシャークトパスを危険視し殺害しようとするのですが、軍事転用目的で作られた生物兵器は重火器程度ではびくともせず、被害者だけが増えていきます。
この『シャークトパス』という映画を観ていて驚いたことがいくつかあります。
上半身がサメ、下半身がタコ、それは映画を見ていて十分予想がつくものでしたが、それがいざ姿を現した瞬間最近の作品とは思えないほどのCGの粗さも手伝って怖くもかんじなかったです(別の意味では背筋が凍る気持ちになります)。
ぼやけたCGを使うくらいなら特撮にすればいいのにと思ってしまいました。
また先入観からかずっと海のシーンが続くと思っていたのですが、なんとこの生き物陸上を歩く?いや飛び回ることが出来るんです。画面上の観光客ほどではありませんが驚きました。
登場人物のほとんどが死亡する展開を迎えながらも、ラストは〇〇です。
視聴し始めたときは興味本位でしたが、なんだかんだでラストまで見てしまいました。少なくともそれだけの魅力がある映画です。