紅の豚

紅の豚は1992年に公開された宮﨑駿監督の映画です。

当時の映画のキャッチコピーが「カッコイイとは、こういうことさ。」と今までのジブリの子供向け路線からすこし大人向けになり、あの頃子供だった方がもう一度見ると新鮮に見えるかもしれません。

舞台は1920年代の世界恐慌後のイタリアのアドリア海。

主人公の豚のポルコロッソは元イタリア空軍のエースでしたが、現在はアドリア海の小島で空賊を退治する賞金稼ぎとして隠れていました。

しかし空賊であるマンマユート団、空賊連合はいつもポルコに邪魔をされるの長年恨みが溜まっていました。

そこでマンマユート連合たち空賊連合はアメリカ人であるカーチスを用心棒として雇います。

ある日、ポルコは飛行艇を整備するためミラノへ行く道中に用心棒であるカーチスと偶然鉢合わせてしまい、墜落させられてしまいます。

なんとかミラノに到着しますがそこで出会った17歳の少女フィオが飛行艇を修理すると。

当然ポルコは驚くが、彼女の熱意と腕を認め修理を任せ見事愛艇は復活。フィオは自分の仕事に責任を持ちたいということでポルコに同行しますが、そこで待ち受けていたのはカーチスと空賊連合でした。フィオはカーチスに求婚を求められ決闘でポルコに勝てばそれを認めると。

決闘当日、イタリア中の飛行艇乗りたちが集りお祭り騒ぎの状態に。決戦に勝つのは一体どっちだ?!

というストーリーなのですが作品を知らない人でも「飛ばねぇ豚はただの豚だ」というセリフは聞いたことがある人が多いのはないでしょうか?他にもいろいろな名言がたくさんあり、声を当てている森山 周一郎さんの声が非常にマッチしていて本当にかっこいいとはこういうことなんだなあと改めて思いました。

ポルコは賞金稼ぎですが豚は殺しはしないらしくそんなところもかっこいいですね。

敵側であるカーチスやマンマユート団もどこか憎めないキャラで嫌いになれず、ポルコの昔馴染みであるマダム・ジーナなど魅力的なキャラが登場します。

この映画は子供の頃に見た方でも大人になってからもう一度見てもらうと新たな発見や謎があると思います。もちろん見たことがない人にもオススメしたい映画ですね。