殺人の追憶

『殺人の追憶』は、2003年に公開された韓国映画です。
韓国で実際に起こった「華城連続殺人事件」をもとにし、事件を解決しようと奔走する地元の冴えない中年刑事と、ソウルからやってきた若手のエリート刑事の物語。
殺人事件など起こりそうもないのどかな田舎で、のんきに適当に仕事をしているパク刑事や周りの刑事たちが、次々と起こる殺人事件に、本気で捜査に向き合わなければならなくなる、そんな経緯がとても真に迫って描かれています。
都会からやってきた若いソ刑事と、価値観が合わずに対立しながらもお互いが事件を解決しようと躍起になる姿が、また事件の犯人が誰なのかが見ている側にもまったく分からない演出がされているので目が離せません。
知的障害のある青年の過去をリアルに描いたり、悲劇的な生い立ちで身寄りのない後輩刑事が足を負傷し、その切断手術の同意書にパク刑事がサインをするなど、けして美しいだけではない現実の不条理までも余さず描くことで、人物たちに深みを持たせることに成功しています。
この作品で監督をつとめたポン・ジュノは「黒澤明の子孫が日本ではなく韓国で生まれてしまった」と言われるほどの奇才として認められるようになりました。
ひと昔前の韓国の田舎ののどかでありつつ荒廃とした寂しげな田園風景が、一人の犯人の所業によってがらっと様子を変えてしまいました。
俳優陣の体当たり、というには激しすぎる迫真の演技からは一時たりとも目を離せないでしょう。
映画に脳天をぶち抜かれたいあなたは絶対に見るべきです。