やまとなでしこ

松嶋菜々子さん堤真一さん主演のドラマ、やまとなでしこのDVDは何度みても面白いです。
感動もしますし笑えますし元気な気持ちになります。
このドラマの特徴は第2話のラストで物語が急展開し、第3話が気になって仕方がない作りになっているところです。
松嶋菜々子さん演じる、どうしても大金持ちと結婚がしたいキャビンアテンダントの神野桜子。
経営不振の続く魚屋を営む凄く貧乏な中原欧介。
この絶対に出会わないであろう二人が奇跡的に出会います。欧介は医者の友人に誘われ、医者のふりをしてキャビンアテンダントと合コンをします。そのキャビンアテンダントの中に桜子もがいたのです。
彼女にとっては医者など大した金持ちではない。しかし、彼女は欧介の胸ポケットにある「ピン」を見つけるのです。
そのピンとは馬主の証のピンです。馬主になるには資産査定などをクリアする生粋の大金持ちではないといけません。
桜子はそのピンを持っている男性をずっと探していたのです。
なぜ貧乏な欧介がそのピンを持っていたのか。
魚屋の配達のお得意さんが大金持ちで、その人からたまたま預かっていたのです。
二人の距離は急激に近づきます。ここまでが2話の中盤までです。
そして、2話の最後で桜子は欧介が魚屋で働いているところをみます。
そして「あなたのことが嫌いになりました、さようなら。」と言葉を残し欧介の前から去ってしまします。
しかし、その二人は不思議なことに事あるごとに顔を合わせ、二人のシンパシーは段々とかみ合っていきます。