エンヤ(enya)の「ザ・ベリー・ベスト・オブ・エンヤ(THE VERY BEST OF ENYA)

アイルランド出身の歌手エンヤ(enya)のザ・ベリー・ベスト・オブ・エンヤ(THE VERY BEST OF ENYA)がお勧めです。

1988年にリリースされたアルバム「ウォーターマーク(WATER MARK)」の中に収録されたデビュー曲の「オリノコフロウ(ORINOCO FLOW)」、2005年にリリースされたアルバム「アマランタイン(AMARANTINE)」の中の大ヒット曲「アマランタイン(AMARANTINE)」など、数々の名曲揃いです。

エンヤはアメリカの挿絵画家のマックスフィールド・パリッシュから影響を受けて作曲をしたり、ジョン・サージェントに生まれ変わりたいという願望を持つほどアートに傾倒しています。
「オリノコフロウ(ORINOCO FLOW)の印象が強い彼女ですが、世界中にその名前が知られるようになったのは映画音楽を手掛けるようになってからで、「ロード・オブ・ザ・リング(ROAD OF THE RING)」の「ウォーター・ショウズ・ザ・ヒドゥン・ハート(WATER SHOWS THE HIDDEN HEART)」で一気に注目度が高まりました。
彼女は神話にも影響を受けているという話は、このアルバムの曲を聴くと納得がいきます。

親しみやすい反面神秘的で、優しさの中にも強さが潜んでいるように思えます。
一つの曲で二面性を持つ作品はなかなかありませんが、デビュー当時から現在まで一貫して相反する面が作品に反映されている印象を受けます。
エンヤの作品の長所は癒しになる曲が多い所と明るい気持ちにさせてくれる所です。
場違いな所で無駄にテンションが高い人がいますが、そういう所がないので聞いていて気持ちが良いのです。
旅をテーマにしていた歌詞も未来を連想させるので、好きです。
騒がしくなく、穏やかな明るさがあります。合コンで言うと幹事役に回りやすい人のイメージでしょうか。
にぎやかな場所より静かな場所が好きな人にもお勧めだと思います。